【親子で工作】削ってカラフルな絵を描く 100均材料で手作りスクラッチアート

手作りスクラッチアート 親子で工作

削るだけで幻想的でカラフルな絵が描けるスクラッチアートはダイソーなどの100均や本屋などで販売されています。そのスクラッチアート(レインボーシート)を100均で買える材料で手作りしました。
対象:年長・小学校低学年以上

道具・材料

  • 紙コップ
  • 食器用洗剤
  • 画用紙(白)
  • クレヨン
  • アクリル絵の具(黒・紺など暗い色)

手順(所要時間 約1時間)

1 画用紙にクレヨンでスキマなく色を塗ります。

画用紙は大きすぎるとクレヨンを塗るのが大変なので、最初は小さめから始めるのがおすすめです。今回は100均で売っている画用紙を4等分して使用しました。

ポイント

  • 明るく鮮やかな色を選ぶ
  • スキマができないようびっちり塗る

〇 赤・黄色・桃色・橙・黄緑・緑・水色・青
× 黒・紺・こげ茶・暗い紫

下絵をどうやってぬっていいかわからない!ときのヒント

いろいろな色が見えてカラフルにしたいとき
小さいまるを描くように細かくいろいろな色をぐるぐると塗り、そのあとスキマを埋めるように塗る

花火を描きたいとき
円を重ねて塗る。どこが中心かわかるように位置を覚えておく

グラデーションにする
縦、横、斜めなどにシマシマに塗ったり
虹のようにグラデーションに塗る

2 紙コップにアクリル絵の具(今回は黒)を入れ、アクリル絵の具の1/3の量の食器用洗剤を入れて混ぜ合わせます。


3 クレヨンで下絵を塗った画用紙に2を塗ります。
入れた食器用洗剤の量が多すぎると、画用紙に塗ったときに下の絵が透けてしまうので注意!

4 アクリル絵の具が乾くまで待ちます。(乾燥まで約10分ほど)
作業を2回に分けるならここまでの作業で一度区切るといいと思います。

5 削ってスクラッチアートが完成!
乾いたアクリル絵の具を先のとがったもので削って絵をかきます。
削るときは基本失敗したら修正できませんが、手順2で作った食器用洗剤とアクリル絵の具を混ぜたものが残っていれば、上から塗ることで修正することができます。

ちょうどいい削れるペンがないときはスクラッチアートを削るペンを手作りできます!
割り箸を鉛筆削りで削るだけ!普通の割り箸でも、竹製の割り箸でも大丈夫。
割り箸なら使い捨てできるので削りかすを気にせずスクラッチできます。
こまかく模様を削りたいときはつまようじがおすすめです。

作ってみての感想

思ったより下絵のクレヨンの色が鮮やかに出ました。くすんだり、一緒に削れてしまうこともなし。
ただ、市販品のスクラッチアート(レインボーシート)のようにスムーズな線を引くことは難しく、多少ガタガタと味のある線になりました。
下絵のクレヨンがスキマなく塗れているかどうかがきれいに削れるかのポイントで、クレヨンが少しでも塗れていないところがあると、アクリル絵の具が画用紙に張り付き削ることができなくなってしまいます。
やってみるまで結構大変かなと思っていたのですが、準備する材料もほとんど家にあるもので作業時間1時間ほどで完成。手軽にできました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました